グラフィオス・デコレーションパーツC 
組み立てガイド

TOP PAGE     














キットとは別に以下のものが必要です。

・イエローサブマリン関節技ボールジョイント(透明)×1
・イエローサブマリン関節技球体ジョイント(白)×1

・イエローサブマリンフレキシブルパイプ(透明) 小×1
・ボークス造型村ポリキャップMM-UNIT 「PC-C」(黒)×1
・ウェーブ B・ジョイント「BJ-03」×1



ボディの増量はコチラを→E・EL
武装の組み立てはコチラを→グラフィオス&ウェスペリオー デコレーションパーツセット
それぞれ参考にしてください。





フトモモパーツへは
ボディ側〜4ミリ
サイドハードポイント〜2ミリ
ヒザ〜3ミリ
それぞれドリルで穴を開けます。


ヒザは8ミリ球体ジョイント(モモ側〜♂、スネ側〜♀)、
足首は6ミリジョイントで接続します。
ヒザジョイントにはフタパーツは嵌めません。





フトモモハードポイントにはポリ製3ミリボールジョイント受け軸を入れます。
ウェ−ブボールジョイント「BJ-03」の半球タイプ)
この時、凹み穴を軸の球面に合わせて軽く抉っておきます。

ここには関節技ボールジョイント受け軸も付けられますが、
破損・交換のメンテナンス製から今回はポリ製を推奨します。


<応用編〜フトモモロール軸をポリキャップ式に>

画像はイーアネイラで説明していますが、パーツは同じものです。




フトモモロール軸に保持力を持たせる為にポリキャップを使います。
ボークス造型村の「MM-UNIT PC-C」です。
隠れて見えない位置なので
で良いと思います。



@内径3ミリのポリキャップを4ミリドリルで穴を広げ、
「内径4ミリ外径6ミリのポリキャップ」に加工します。
コレを神姫素体のモモ接続ピンに嵌めます。
(画像では半分にカットしていますが、長いままの方がスッポ抜けしづらくて良いでしょう)

Aフトモモロール接続の穴を徐々に大きくしてゆき6ミリまで広げます。
(6ミリドリルは特殊なのですが100均ショップで売ってるもので十分です。)

B神姫素体-ポリキャップ-フトモモパーツが滑らかに接続されます。





素体ボディとフトモモ増量パーツとの干渉を無くす為、
ボディ増量パーツからはみ出る部分(サイド部分〜
青線から下)をカットします。
左:加工前 右:加工後)



フトモモ増量パーツ背面はネジ穴をガイドに嵌めます。



フトモモ増量パーツ前方を接着します。
マーキングパターンのちょうど内側に収まります。
(この時、キャストパーツ同士のみで接着しておくと失敗した時に元に戻せます。)



塗装はIPA〜イソプロピルアルコールで落とすのがベターでしょうが、
ここではお手軽にスポンジペーパーを使いました。
股間部分と増量パーツ左右の3枚を接着します。
(ここもまた、それぞれのキャストパーツのみで接着しておくと元に戻せます。)

また、1st素体は足の付け根が角ばっていて開脚時に干渉するので、丸く削っておくと具合が良いです。




腕の延長は2ミリ金属線を通して接着します。
(手首の軸が収まる深さは確保しておいてください。)



画像は旧Bタイプのものですが、パーツ構成は同じです。

赤丸ピン位置に空気逃しがありますので削ってください。
緑丸位置に「三角マーク」がある方がブレード上方です。

(ブレードと軸を接着してしまわないよう注意してください。)



カフスブレード接続部は2ミリポリランナーを挿しておくと着脱がスムーズになります。



頭部内にボールジョイント(中)を収納して接着します。

 

前髪内部のボールにフレキシブルパイプ(小)受け軸を嵌めます。
表情交換を簡易にする為、前髪とフレキシブルパイプは接着してしまっても良いでしょう。
揉み上げ部の切り欠きもその為に広く取ってあります。
(但し、イーアネイラと同規格で作ってあるので、
交換して遊ぶ場合はフレキシブルパイプをカオ側へ接着してください。)


この後、カオと後頭部を金属線等で交換出来るようにしておきます。





胸パーツ内部へ素体平胸が深く嵌ってしまうと可動時に外れ易くなるので
少し緩くなる程度に削っておくと良いです。




完成〜ここまで無塗装状態です。




<カフスの追加加工>

やや上級者向けですが、
付属ブレードや関節技ボールジョイント(小)以外の武装を接続する方法を説明します。

まずは武装カフスに3〜3.2φ径の接続軸を取り付けられるようにします。



ドリルやリューター等でハードポイント内部を
6φ×深さ5ミリ程度に広げ、
ボークスポリキャップを差し込みます。



はみ出し分をカットし、
関節技ジョイント等なら3φ
神姫軸なら3.2φ
の穴を空け直します。






同様に重量武装を装着した時に腕との接続がグラグラして気になる場合の対処法です。
腕側内径を6φに広げてポリキャップを差し込み、
さらにポリキャップ内径も
4〜4.5φ(要調整)に広げます。

画像ではポリキャップを収納してからドリルで内径を広げていますが、
実際には空回りしてしまうので、ピンをカットする前の状態で
加工しておいてから嵌めます。




腕の延長パーツ部分でしっかりとカフス部分が保持されるようになります。







fg→http://www.fg-site.net/products/120399

inserted by FC2 system