ウェスペリオー=キマイラユニット 
組み立てガイド

TOP PAGE     














キットとは別に以下のものが必要です。

<3rd素体tallフレッシュ4対応>
・イエローサブマリン関節技ボールジョイント(透明)×1
・イエローサブマリン関節技球体ジョイント(白)×3
・ボークス造型村ポリキャップMM-UNIT 「PC-C」(黒)×1
・ウェーブ P・キャップ「PC-03」×1



<MMSウェスペリオー対応
・イエローサブマリン関節技球体ジョイント(白)×3

・ボークス造型村ポリキャップMM-UNIT 「PC-C」(黒)×1
・ウェーブ P・キャップ「PC-03」×1


<3rd素体ボディ>

<頭部>



左が1st素体、右が3rd素体用ヘッドです。
(表情は同じものです。)
3rd素体用はボールジョイント(中)を組み込みます。

 

3rd素体用は特に可動させる部分はありませんが、今後の交換用に処理をしておきます。
ツインテ基部の凹み穴をガイドに4ミリ穴を開けます。



右の3rd素体用は同じエルフ耳対応のグラフィオス可動髪が取り付けられます。



<腕>



グローブに2ミリ穴を貫通させます。



根元側へ2ミリ丸棒を接着し、これで素体手首と接続します。

  

半分の厚みにスライスしたウェーブポリパーツPC-03のBタイプを腕アーマー手首側に嵌め、
フタパーツでガッチリ固定します。



ダボがポリパーツの穴を塞いでいるので、3ミリ穴を開け直します。




画像の状態で組み合わせます。




ホットパンツ前後を貼り合わせ、サイド部分のはみ出しを削り落とします。
面積的にはごく僅かですが、フトモモ増量パーツの可動障害となるのでしっかりと。

 

素体とパンツの段差をなだらかにする為の肌パーツですが、
ネジ穴との勘合をタイトにし過ぎているので裏面全体をやや削ってから接着します。





背中パーツには気泡逃しの為のプレートがありますのでこれをカットします。



画像はイーアネイラで説明していますが構造は同じです。
背中と胸とで接着面積を増やす為にプラペーパーを敷いて補助とします。
この時、素体に接着剤が付かないよう注意してください。



今回は胸パーツの大きさをカバー方式で選択出来ます。

画像のフトモモ増量パーツはキマイラモード時のみ使用します。
2脚モード時には組み方によってはモモパーツが干渉するので注意。


 

巨乳パーツは下地の塗装が剥げないよう、勘合はかなり緩めになっていますので、
両面テープでの固定が推奨です。




脚アーマーは3パーツをこのように接着します。
フロント部は4枚ありますが、このように組み立てるのは2枚分です。



ヒザガード(2種)は2ミリポリランナーで着脱式にします。



これは左足です。
ヒザは8ミリサイズ、足首は6ミリサイズの球体ジョイントで接続します。

脚が短く感じられたらスペーサー(5ミリ厚の穴開き円パーツ)を嵌めてください。

上の画像は2脚モードの組み方の1つで、
キマイラモードにする際には、このモモパーツは後脚に使います。



 

足首はガブリーヌと同様に
ボークスポリパーツPC-Cをスライス加工して組み込みます。
靴底は3ミリ丸棒を接着します。



靴底接続の構造です。



<応用編〜フトモモロール軸をポリキャップ式に>
フトモモロール軸に保持力を持たせる為にポリキャップを使います。
画像はイーアネイラFで説明していますが、構造は同じです。色も黒で良いでしょう。





@内径3ミリのボークスポリパーツPC-Cを4ミリドリルで穴を広げ、
「内径4ミリ外径6ミリのポリキャップ」に加工します。
コレを神姫素体のモモ接続ピンに嵌めます。
(画像では半分にカットしていますが、長いままの方がスッポ抜けしづらくて良いでしょう)


Aフトモモロール接続の穴を徐々に大きくしてゆき6ミリまで広げます。
(6ミリドリルは特殊なのですが100均ショップで売ってるもので十分です。)

B神姫素体-ポリキャップ-フトモモパーツが滑らかに接続されます。



<キマイラユニット>

<前脚>

素体モモロール軸位置から直交する回転軸を作る作業です。
システムのキモとなる部分ですのでしっかりと組んでください。



キマイラ前脚付け根サイドの凹み穴をガイドにして6ミリ穴を貫通させます。
3.4.5ミリと徐々に大きくしてゆき6ミリまで広げます。
(6ミリドリルは特殊なのですが100均ショップで売ってるもので十分です。)



この内部に納めるポリパーツの組み立てです。
ボークスポリパーツPC-Cを2個組み合わせて左右2個作ります。
「端から1/4の長さを切り落とした基部(縦)」のサイドピンへ「3/4長のポリキャップ(横)」を挿します。
ここが緩いと関節がヘタれるので、その場合は木工ボンドを塗ると良いでしょう。

そのサイドピン赤丸部分はキャップの深さの半分になるようカットします。
(元からポリランナーに目安の薄いスジが入っています。)

 

素体モモロール軸との接続パーツ
(LR刻印アリ)内に収め、
キャップが空回りしなくなったところで内径を4ミリに広げます。



フタパーツ(LR刻印アリ)をガッチリと接着します。



前脚付け根の横軸に合体します。
後方
(赤丸部)が平らになっているのを確認してください。



フトモモ増量パーツを通した後でモモロール軸に接続します。
穴が緩くなってしまった場合はシアノンを充填して、キツめに嵌るようにします。



ヒザは8ミリサイズ、足首は6ミリサイズの球体ジョイントで接続します。
サイドピン(赤丸部)が長すぎると後でサイドキャノンの丸棒軸が挿せないので注意。



サイドキャノン裏面に3ミリ丸棒を5ミリ程度(ポリキャップ1/4長分)出して接着し、
これをサイドに露出しているポリキャップに挿します。
(パーツの左右は赤丸部の刻み目で確認してください。)



前方へ回転させると自動的に軸が浮き上がってきます。
逆に収納時は定位置に合わせてから押し込んでください。



<後脚>

 

キマイラボディ下半身に後足付け根の円筒パーツ(LR刻印アリ)をダボ穴に合わせて取り付け、
6ミリドリルで貫通させます。
(接着は後から出来るようにしておいて金属線で仮止めしておくと良いでしょう)

 

この穴にボークスポリパーツPC-Cが2本収まります。
後ろ足の付け根は
球体ジョイント12ミリを使用しますが、
円筒のフチとのスキマがホンの少し出来ますのでその分ポリパーツをカットします(要調整)。
重量保持の為、この部分はかなりキツめが良いので、
ポリキャップ内に収まる部分の軸をシアノンで少し太らせておく事を推奨します。




穴あけ角度の説明にジョイントを真っ直ぐに伸ばしてあります。
赤丸部のジョイントはフタを嵌めません。



  

モモパーツ
(キマイラモード時はLRが逆になります)
2脚モード時に素体モモロール軸と4ミリで接続しているので
「外径4ミリ内径3ミリ」に加工したプラパイプ軸径を切り替えて球体ジョイント軸(3ミリ)と接続します。

ここでは分かり易いようにポリパーツ内へパイプを収めていますが、
1つ上の画像の
赤丸部のようにジョイント側へ接着した方が組み換えが楽です。
(この位置の球体ジョイントは8ミリを使用します。)
2脚への組み換えをせずにキマイラモード専用に組む場合は、
ポリキャップ内径をそもそも4ミリに広げず3ミリのまま接続します。




薄くスライスしたポリパーツを噛ませたジョイントカバーパーツを挟み込みます。



後脚足首には球体ジョイント10ミリを使用します。
内部がやや干渉して浮き気味なのでリューター等で軽く抉っておきます。
ツマ先は3ミリポリランナーで接続します。



後脚アーマーは交差部分から「L」字に切り出した2ミリポリランナーで取り付けます。
「T」字にてここへもヒザガードを付けられますが(2脚モードにて後述)、
深く曲げた時に干渉するのでお好みで。


 

後足上部へは1/4長のポリパーツを仕込んで3ミリ軸のハードポイントとします。
(穴の開いていない単なる「フタ」もキットに含まれます)
右画像は小型キャノンを取り付けた使用例です
(キットに余剰のキャノンは含まれません)

<シッポ>

 

シッポ基部はシアノン+金属線等でガッチリ固定して、ナナメに3ミリ穴を開けます。



使用する球体ジョイントは根元側から8ミリ・8ミリ・6ミリです。


<キマイラユニットボディ部>

 

キマイラ下腹部ホルスターに小型キャノンを仕込みます。(球体ジョイントは6ミリ)
ボークスポリパーツPC-Cを画像の形状に切り出してミゾに嵌めます。
(この時点では固定されていません。)
この時ポリキャップ端を皿状に抉っておくと球体ジョイントがピッタリ収まるようになります。



上からキマイラ胸部パーツを被せることでポリパーツが固定されます。

 

このようなブロック単位で組み立て・分解出来るようにしておくと作業がし易いでしょう。



素体腰部をヒップホルダーで包むようにして、背中の接続軸も嵌めます。
(キャストの粘りで着脱可能となりますので接着しないでください。)



 

キマイラユニットを背側腹側から見たところです





続いてMMSウェスペリオーを使用する1st素体対応版です。
キマイラユニットは同じ構造なので、素体の一部
と本体接続方法が異なるくらいです。




 

モモ増量パーツは肌に密着せず、ボディの上までカバーする形状です。
内側のネジ穴に嵌るダボを短くしておくと着脱式に出来ます。



腰には増量せず、キマイラモード時にはヒップホルダー内部にフィットする形状のアダプターを取り付けます。
2脚モード時には使用しないので、接着はしません。合体時の専用パーツという扱いです。




元々1st素体に対応させることは考えていなかったところをパーツ共用させているので、
背中接続軸付近がピッタリ合っていません。
その為、3rd素体に比べるとやや外れ易いので、
アダプター部との両面テープもしくは金属線での補強を推奨します。



腕アーマーのハードポイントに3.2ミリ穴を開けると神姫軸接続の武装が付けられます。




左が1st素体、右が3rd素体用ヘッドです。
(表情は同じものです。)
1st素体用はキャストボールを挟み込んで組み立てます。
(ボールに接着剤が付かないよう注意)



1st素体用はボールが素材収縮していて緩いので木工ボンドでキツくしてください。




左の1st素体用はMMSウェスペリオーのPVC髪が取り付けられます。




巨乳パーツは1st素体の通常胸に嵌めます。




2脚モード



モモ〜スネまでキマイラ後脚を使っての組み換え例です。
ツマ先立ちが美しいカーブを描く構成になっています。



足首は
球体ジョイント6ミリで接続します。
アーマーの接続には「T」字形状に切り出した2ミリポリランナーを使います。



「T」字の縦棒部分の干渉を切り欠いてやるとアーマーにスキマが開かなくなります。


2脚〜パーンモード

応用編でケモ脚2脚モードの組み替え例です。





・ヒザアーマーは逆に曲げる用に切れ込みのあるタイプに換装。
・単体接地性を高める為、靴底はフラット、もしくはナナメカットタイプに。






応用編〜キマイラユニットを他神姫に

1st素体へはアダプターを取り付ける事で全神姫に対応出来ますので、
3rd素体tallについての対応法を。

キマイラユニット非装着時に腰増量したくない場合等、
着脱を接着無しで行えるようにする方法でもあります。

<パンツ着脱法>



前後パーツ接着部分
(赤丸位置)からやや後ろの目立たない位置でカットします。
(エッチングソーを使用)
股下部分だけで前後が繋がっている状態です。



キャスト素材の粘りで広げて素体に履かせます。
キマイラユニット非装着時には脱がせておきます。
(但し頻繁に行うと歪むので注意)

 

ヒップホルダーで押さえ付ける事でズレなくなります。



これで全3rd素体tallの全神姫キマイラ化が可能になりました。


次にデコパーツによって腰が増量されている神姫への対応法です。
ここではグラフィオス・デコレーションパーツCを使っています。






ヒップホルダー内部をリューター等で削り込んでやり、(斜線部特に下方)
(画像は試作予備複製パーツですが内面カーブは同じです。)
両面テープ等で補助してやると嵌るようになります。
但し正規のウェスペリオーに戻すには緩くなりますので、
この場合も両面テープ等での補助が要ります。あくまで自己責任で。



デコパーツによってフトモモ増量されている場合にサイドが干渉しますが
横軸を引き出す事によって幅を広げて対応可能となります。



イーアネイラ・デコレーションパーツセットのように
腰増量がウェスペリオーとほぼ同じくらいで曲面の密着度が違う場合は
両面テープ等の補助で対応してください。


応用編その2〜キマイラユニットをsmall素体に

想定外の組み換えですが、「出来ないことは無い」程度に紹介します。



ヒップホルダー内部に収まるホットパンツがtall専用なので、small素体ではブカブカになります。
そこで、側面と後方に詰め物をしたうえで接着する必要があります。


あと、全身バランスが異様に悪いので全高を低く、華奢に見える組み換え例です。
・ヒヅメパーツは前後でオミット。
・後脚は出来るだけ小さく畳み、脚アーマーもオミット。


あとイロイロ混ざってしまっていますが、ガブリーヌ=キマイラユニットとの共通規格で
エフェクト装甲を取り付けられるパーツがあります。


inserted by FC2 system